読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ東京で消耗してるの?富山で里山暮らし!

現在、政治行政を勉強しています。将来は、地元富山県小矢部市に戻り、地域のためになる仕事をしたいと考えています。日々、思ったことを書いていきます。

北海道&東日本パスぱーと3(2日目函館-札幌)

ぱーと2は、こちら↓
f:id:hattorinoboru:20160312090530j:image
朝市でお腹を満たして、
函館8:18発 長万部行きに乗車!  
f:id:hattorinoboru:20160312090622j:image
f:id:hattorinoboru:20160312090643j:image
未だにこれ使ってるのか!!
f:id:hattorinoboru:20160312090746j:image
人が行き交う函館駅
f:id:hattorinoboru:20160312091058j:image

海が見えるので、進行方向右側の席がいい!

f:id:hattorinoboru:20160312091148j:image
長万部 11:33着
長万部で時間があったので街を散策!
f:id:hattorinoboru:20160312091033j:image
駅舎
f:id:hattorinoboru:20160312091215j:image
駅前の地図
f:id:hattorinoboru:20160312091321j:image
とりあえず歩いて10分しない海へ
f:id:hattorinoboru:20160312091440j:image
街はさびれた感じ...
f:id:hattorinoboru:20160312091510j:image
f:id:hattorinoboru:20160312091607j:image
長万部より小樽行きのります
長万部12:10発
f:id:hattorinoboru:20160312091744j:image
キハ40やー!
f:id:hattorinoboru:20160312091810j:image
駅全体像ー
f:id:hattorinoboru:20160312091900j:image
車内は、4人掛けと
2人掛けと、クロスシート
f:id:hattorinoboru:20160312092015j:image
北斗号を見送り!
いざ、小樽へ
函館本線を下る
f:id:hattorinoboru:20160312093144j:image
f:id:hattorinoboru:20160312093231j:image
あ、小学校の生活科で見たような
北海道の家だ!
僕はわくわくです笑
f:id:hattorinoboru:20160312093409j:image
スキーで有名なニセコ
ここらで、綺麗な山が見えてきます。
こちら。
f:id:hattorinoboru:20160312093540j:image
それがこの羊蹄山(ようていざん)!
残念ながら、頂上には雲が...
しかし、とても綺麗な山。
長万部から小樽方面へいくときは、
進行方向右側に座ることを勧める!
f:id:hattorinoboru:20160312093934j:image
倶知安で長く停車なので、  
外に出て駅を撮影!
f:id:hattorinoboru:20160312094127j:image
ここもニセコの玄関口になっています。
f:id:hattorinoboru:20160312095509j:image

倶知安から乗ってきたフィンランド人の彼。

奥に立ってるのが、その人。
僕と向かいになるけど席座りなよって言ってあげた。
床に置いてあるおっきなボードを棚にのせようとしたら、座ってた中国人に、水滴がかかったようで、ものすごく嫌そうな顔をして
払うから、アイムソーリー!!って彼は叫んでた。かわいそうになって、こっち座りなって言った。
少し雑談した。
こんな出会いもいいね。
 
そして、この函館本線は、
小樽に向けて山をくねくね、登ったり下ったり、とってもいかした路線だった。おすすめ。
 
そして、小樽 15:29到着。 
 
f:id:hattorinoboru:20160312101004j:image
f:id:hattorinoboru:20160312095951j:image
小樽駅をなぜか撮り忘れm(._.)m
写真は、小樽市内の昔の線路跡。
北海道発の鉄道の跡なのだ。
f:id:hattorinoboru:20160312100402j:image
よく見る小樽の街を散策!f:id:hattorinoboru:20160312100529j:image
そして!寿司!
大学院の後輩が小樽は回転寿司でもうまい!
と僕の地元富山の人みたいなこと言うので、
小樽の回転寿司へ!
北海道でしか食べれない地のネタを中心に頂く。
うまい!
写真のは、鱒の子ども、
いくらではなく、鱒子。
いくらより濃厚でうまさが凝縮されててすごかった!
f:id:hattorinoboru:20160312100903j:image
夜の小樽運河を眺めて、札幌へ
f:id:hattorinoboru:20160312101116j:image
小樽からは、かなり都会なイメージ。
車両も編成もさっきまでのとガラッとかわる。
f:id:hattorinoboru:20160312101256j:image
時計台
f:id:hattorinoboru:20160312101336j:image
札幌の夜景を見ながら、夜行バスに乗車し、
稚内を目指す。
バスまわりの写真も乗り忘れた!笑
札幌23:00-稚内駅5:55着!6,200円
 
ホテル泊まるよりも寝ながら移動したい!ってことで夜行バス。
つづく。