林のぼる『小矢部市政へ挑戦ブログ』

1988年生まれ。30歳。石動小学校、石動中学校、福岡高校、帝京大学教育学科卒業。高校講師、介護現場で働く。明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科にて公共政策を研究。28歳で東京から富山県小矢部市にUターン。勝星産業(株)にて営業職に従事。教育福祉のリアルな現場経験、営業マンの経験を小矢部市政にいかします。

秋葉原に引っ越した理由。

高円寺のボロアパートに夜中、大学時代の友人が、やってきて
Airbnbやろー!叫ぶ。
うるさい。やらない。と返していたが、
来る日も来る日も
Airbnbやろー!と叫ぶ。
うるさい。やらない。と返すが
根負けした。
僕の『根』は、たいしたものではないので
すぐに根負けするのだが...

んで、どこがいいの?
って聞いたら。
秋葉原だという。
お前、ヲタクでもないし、
電機とか機械とか好きそうじゃないし、
どうした?

ヲタク市場3兆円の中を知ってるか?
と、言う。
知らん。

搾取されて初めて搾取する側になれる。
とな、

ヲタク市場を理解することは
いろんな可能性があって価値がある。
理解するには中に、入ろう!ってことだ。

とりあえず、しつこいから、
はいはいって言って、
秋葉原に住むことになった。

一体、ヲタクとは何ぞや。
今からおよそ2年前に秋葉原生活がスタートした。
f:id:hattorinoboru:20160110131538j:image