林のぼる『小矢部市政へ挑戦ブログ』

1988年生まれ。30歳。石動小学校、石動中学校、福岡高校、帝京大学教育学科卒業。高校講師、介護現場で働く。明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科にて公共政策を研究。28歳で東京から富山県小矢部市にUターン。勝星産業(株)にて営業職に従事。教育福祉のリアルな現場経験、営業マンの経験を小矢部市政にいかします。

ご報告。ガバナンス研究科修了しました。

仕事を辞めてまで入った明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科を修了しました。
学位授与式が本日ありました。
入学前に山下教授にメールでアポをとり相談し、入学願書を書くところから始まり、
北大路教授のお考えにひどく共感し、
北大路ゼミに入り、私の修士論文のために北大路教授には私の郷里である小矢部市にまで足を運んで頂きました。
多くの方々のお力添えを賜う事ができ、今日があります。
皆様大変ありがとうございました。
大学院はとても刺激的な仲間と、
研究、実践をされてきた先生方がおり、
非常に有意義が時間を過ごせました。
行政に関わろうとする全ての人にオススメしたいです。
私自身は、行政に関わる仕事や地域の活動をしたあとに改めて授業を受けてみたいと強く思っております。
まだまだ未熟者でありますので、皆様何卒今後もよろしくお願いいたします。
f:id:hattorinoboru:20150919234734j:image