読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ東京で消耗してるの?富山で里山暮らし!

現在、政治行政を勉強しています。将来は、地元富山県小矢部市に戻り、地域のためになる仕事をしたいと考えています。日々、思ったことを書いていきます。

北海道&東日本パスぱーと6(5日目青森-花巻-紫波中央 )

ぱーと5はこちら↓
青森に急行はまなすで到着!
f:id:hattorinoboru:20160312130939j:image
青森 7:10発 青い森鉄道 八戸8:49 
f:id:hattorinoboru:20160312134913j:image
f:id:hattorinoboru:20160312134931j:image
盛岡 10:51着 
f:id:hattorinoboru:20160312135024j:image
盛岡 11:08 発 花巻 11:14
花巻からバスで20分で
f:id:hattorinoboru:20160312134840j:image
宮沢賢治記念館へ
記念館の前に腹が減ったので、
記念館駐車場にある山猫軒へ。
f:id:hattorinoboru:20160312130907j:image
こちらは、宮沢賢治の童話 注文の多いお店
た出てくる料理屋です。
僕は小学生のときに公文の国語で読んだことがあるのでよく覚えている。
f:id:hattorinoboru:20160312134039j:image 
童話と違い、服を脱いだり、
財布を置いたりはなかった...
せっかくなら忠実に再現してほしかった。
童話の中では、おいしい料理屋かと思ってたら、服を脱げとか、体にクリームを塗れとか言われる。お客さんに対して注文が多いお店で、最後は大きな猫が食べようとするっていう話。
f:id:hattorinoboru:20160312134254j:image
とりあえず、普通にご飯頂きました!
山猫すいとんセット1,200円
具が盛りだくさんのすいとん
スープが透き通るようにきれいで、上品な味でした。
f:id:hattorinoboru:20160312134719j:image
 
お腹を満たしたら、宮沢賢治記念館へ
f:id:hattorinoboru:20160312134812j:image
賢治の世界や触れられます。
そのあとは近くのイーハトーブ館で、
銀河鉄道のアニメを視聴!
残っている文献などから、
宮沢賢治のイメージしていた銀河鉄道の世界はこうじゃないだろうかというのを映像化したもので、とても素敵でした。
その次は、この童話村へ
f:id:hattorinoboru:20160312135316j:image
f:id:hattorinoboru:20160312135409j:image
銀河鉄道をモチーフにした建物も多数。
f:id:hattorinoboru:20160312135440j:image
f:id:hattorinoboru:20160312135538j:image
賢治の学校という施設がメインのようです。
中では、童話の主人公になりきった気分でいろんな世界に出会うことができます。
案外面白かったです。
詳しく知りたい方は、以下へ
(書いたらURL入れる!)
f:id:hattorinoboru:20160312135738j:image
バスは本数少ないから注意!
土日がもっと少ないからなんとかしてほしいところ(・_・;
 
ってことで、バスで花巻駅
花巻駅から紫波中央駅までJR!
f:id:hattorinoboru:20160312135859j:image
駅に着いたら、目の前が
紫波町のオガールである。
オガールとは、、、
f:id:hattorinoboru:20160312135952j:image
f:id:hattorinoboru:20160312140042j:image
とりあえず、地方創生うんぬんの中で
素晴らしい!と小泉進次郎政務官にげき褒めされたところ。
町が民間会社を作って運営する新しい形として全国から注目を集めています。
詳しくは、こちら↓
 
f:id:hattorinoboru:20160312140327j:image
f:id:hattorinoboru:20160312140348j:image
紫波町名物のコロッケ
f:id:hattorinoboru:20160312140359j:image
地酒の月の輪
ってことで、紫波町のオガールでお泊まり。
f:id:hattorinoboru:20160312140713j:image
つづく↓