林のぼる『小矢部市政へ挑戦ブログ』

1988年生まれ。30歳。石動小学校、石動中学校、福岡高校、帝京大学教育学科卒業。高校講師、介護現場で働く。明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科にて公共政策を研究。28歳で東京から富山県小矢部市にUターン。勝星産業(株)にて営業職に従事。教育福祉のリアルな現場経験、営業マンの経験を小矢部市政にいかします。

【参加レポ】6月13日土曜日、東京で県内へのUターン就職に向けた富山の企業の説明会に参加。

県内へのUターン就職に向けた富山の企業説明会(東京)

って感じで、KNBニュースでも取り上げられたこのイベント。

地方創生の中で、県が新しく初めた取組みだとのこと。

少し閑散とした会場でさみしかったですが、

地元の企業を知るにはいい機会でした。

僕のお勧めは、地元小矢部市に本社を構える小矢部精機。

この会社名前は聞いたことあったけど、何をしてるのかあんまり知らなかった。

どうやら、世界の自動車工場の生産ラインを作ってるそうで、

世界中に出張がある世界的企業でした(@_@;)

何がかっこいいかって製品の質を保つために

かなりの仕事を断っているそう。

今や日産やホンダの車は、小矢部精機がいなくては車が作れないという。

この会社恐るべし…

富山で就職を考える学生さんにはおすすめですぞ。

僕自身も検討するに値する会社でした。なんかエラそうですいません*1

あとは、KNBのページに僕のインタビューが載ってるので見てくださいな。

新幹線の開業、県内へのUターン就職説明会|KNBニュース|北日本放送|KNB WEB

*1:+_+