林のぼる『小矢部市政へ挑戦ブログ』

1988年生まれ。30歳。石動小学校、石動中学校、福岡高校、帝京大学教育学科卒業。高校講師、介護現場で働く。明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科にて公共政策を研究。28歳で東京から富山県小矢部市にUターン。勝星産業(株)にて営業職に従事。教育福祉のリアルな現場経験、営業マンの経験を小矢部市政にいかします。

27歳になりました。

4月25日で27歳になりました\(◎o◎)/!

コメントくださった方々ありがとうございます。

ケーキくださった方もありがとうございました。

最近、服部は何をしているのか?と

聞かれることがあるので、書いておきます。

大学院で、行政とか地域とか政策とか学んでいます。

仕事は、うつ病の診断を受けて2月末で一度辞めました。

今は、失業保険をもらいながら就職活動中です。

説明が面倒なのと、心配するほどではないおで、

あまり周りに言ってませんでした。

遅くとも7月中には、新しい仕事に就きたいです。

7月で大学院のリサーチペーパー(修士論文)を

提出し、卒業する予定です。

他の活動としては、

富山県若手県人会acoicoで富山県出身者のための

東京でのイベント企画をしています。

ゲストハウスやってます。

毎週多くの様々な国からゲストがやってきます。

彼らにどんなおもてなしをするのがいいのか日々考えています。

また、英語の練習にもなり、楽しい日々を送れています。

AKIBAGIDEMEDIAというwebメディアを作り

日々記事を作成して秋葉原とは何か、どこが面白いのか

を伝えるようにしています。

秋葉原は、関東や遠くは静岡から日常的に遊びに来るという

人がたくさんいます。どうしてこれだけ多くの人が

惹きつけられているのかを探求しています。

たまに、何でこの人こんなことやってるの?

って思われることがありますが、

全ては、日本のために。

全ては、富山県小矢部市のために。

全ては、人々の笑顔のために。

みんなが幸せに人生を送れるように。

そう思ってる。

そのために命をつかうって誓った。

まだまだできないことばかりで、

学ぶことしかありませんが、

こんな服部登を今後ともよろしくお願いいたします。

27歳、悔いなく生きようと思います。

ありがとう。